簿記

簿記3級って役に立たない?簿記3級を活かす方法

 

簿記3級は取っても役に立たないって言われたんだけど、本当??

 

こんな疑問を持っている方もいるかもしれません。

 

簿記3級の資格を取ろうと思ったのに「役に立たない」とか「意味ない」と言われたらせっかくのやる気が無くなってしまいますよね。

また、すでに資格を取った人も、そんなこと言われたら悔しい気持ちになると思います。

 

では、実際どうなのでしょうか?

結論から言うと、簿記3級が役に立つケースもあれば、役に立たないケースもあります

 

こんな方におすすめ

  • 簿記3級は意味ないのか?
  • 簿記3級を活かせる仕事はある?

こんな人のために、記事を書いています。

 

簿記3級が役に立たないケース

まずは、「簿記3級が役に立たない」ケースはどんな時でしょうか?

  • 就職・転職で資格を武器にしたい
  • 未経験で経理になりたい

このように考えている場合、簿記3級ではやはり物足りなさを感じてしまいます。

 

就職・転職で資格を武器にしたい

簿記3級取ったぞー!これで転職で有利になる!!

と思っている場合は期待しすぎかもしれません。

 

簿記3級は

  • 取りやすく人気の資格
  • 高校生から取る人も多い

という理由から、多くの人が持っている資格です。

そうなると、必然的に就職・転職での競争率も高くなっていきます。

 

ですので、3級を持っているからと言って、就職・転職に極端に有利になるか?と言われれば、そうではないのが現実です。

 

もちろん資格を持っていないよりは、持っているに越したことはありませんので、面接時のアピール(「2級取得に向けて勉強中」など)次第では役に立つ可能性もあります。

もし、転職で簿記の資格を武器にしたいのであれば、最低でも2級は取得しておいた方がいいですね!

 

私も、就職で有利になるというメリットを期待して、簿記3級だけでなく2級まで取得しました。

 

未経験で経理になりたい

簿記3級に合格したよー!これで経理になれる♪

経理未経験の方が、こんな風に思っている場合も注意が必要です。

 

理由は、経理職では資格よりも実務経験が重視されるからです。

 

例えば、転職サイト で検索すると、経理求人のほとんどに「実務経験〇年以上」が条件として設定されています。

これは、経理職につきたいけど経理未経験の私からすると、ツライ…と思うところですね^^;

 

ですから、簿記3級を取ったからと言って確実に経理になれるわけではないと思っていた方がいいのです。

 

以下、実際に転職サイトにて求人を検索してみた結果についてまとめてみます。(2021.2現在)

【検索条件】

  • 職種:経理
  • 勤務地:全国

【検索結果】

  • 求人数:1,336件

全国で経理の求人は1,336件という結果になりました。

 

ちなみに、上記の条件に「未経験OK」を追加してみると・・・

求人数は「65件」にまで減ってしまいまいた。

経理全体の求人のうち、「未経験OK」約4.8%ということになりますね。

 

さらに、上記の求人には「簿記2級以上」としている企業も多いため、「3級で未経験となるとかなり厳しい結果になると思われます。

 

資格の他に「学歴」や「面接の内容」・「前職での経験」などでアピールできれば採用される可能性もありますが、基本的には「未経験で経理に就く」のはかなり難しいのではないでしょうか。

 

>>未経験OKな求人を探してみる

 

 

簿記3級が役に立つケース

ここまで、簿記3級が役に立たないケースを紹介してきましたが、逆にどういった場合に簿記3級が役に立つのでしょうか。

  • 他の資格へのステップアップ
  • 個人事業や副業に活かせる

考えられるのはこの2つです。

 

他の資格へのステップアップ

簿記2級や1級へのステップアップを考えている場合は、簿記3級の知識は必須と言ってもいいです。

それは、基礎固めがしっかりできていないと2級・1級でつまずいてしまうことがあるからです。

 

また、簿記は様々な資格と関連性が高いので、他の資格へのステップアップやダブルライセンスを取得する場合も役立ちます。

例えば、

  • 税理士
  • 公認会計士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 建設業経理士
  • 宅建士

などが簿記と関連性の高い資格です。

 

特に税理士や公認会計士といった上位の資格を目指す場合、簿記の基礎知識は必須となってきますので勉強しておいて損はないでしょう。

 

独立や副業に活かせる

独立したいと考えている場合や、副業をしている場合など、簿記3級を勉強しておくとメリットがあります。

 

例えば

  • 会社のお金の流れを把握できるようになり無駄が減らせる
  • 確定申告で役に立つ

などのメリットがあります。

 

個人事業でも日々、様々な取引(入金・出金など)でお金のやりとりをしています。

「商品を売ることによって得た金額から、かかった費用などを差し引いたものが最終的に会社の利益となる」というお金の流れを理解することができるので、「どこを削ればどれだけ利益が増える」など分析ができるようになり、無駄な出費をおさえることにも繋がってきます。

 

また確定申告を行う際に、簿記(複式簿記)の記帳方法を正しくすれば、節税効果が得られるというメリットもあります。

 

まとめ

最終的には、簿記3級が役に立つかはその人次第ではありますが、簿記3級をどう活かすかによって色々な面で役に立つと思います。

簿記3級を取得しようか考えている人は、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

 

 

 

-簿記

© 2021 もちみブログ Powered by AFFINGER5