収納

歯ブラシホルダーは浮かせてお掃除簡単!百均でできる収納法。

今の家に引っ越しをしてから、ずっと変えたかった歯ブラシ収納。

約3年ぐらい、無印良品の歯ブラシスタンドを使っていました。

子供の歯ブラシについては直置き・・(笑)

 

シンプルで見た目もおしゃれな点は気に入っていたのですが、歯ブラシの水滴が下に残ったりして意外と汚れが付きやすいんですよね。

なので、掃除の際はスタンドの中と洗面台を掃除しなければならくて結構面倒でした。掃除の際にスタンドを洗面台に落として割りそうになったことも何度かあってヒヤヒヤしたことも。

 

今回は百均のアイテムを使って、「衛生的で掃除がしやすく見た目もスッキリ」が叶う収納方法へ変更したので紹介したいと思います。

 

セリアの歯ブラシホルダーの使いやすさ

百均ではいろいろな歯ブラシスタンドが売っていますが、その中でも私が選んだのはセリアの歯ブラシホルダーです。

理由は

  • 浮かせて収納できる
  • シンプルなフォルム
  • 掃除が簡単

 

浮かせて収納できる

ずっと浮かせたいと思っていて、ようやく願いが叶いました(笑)

水滴が落ちてもサッと下を拭くだけでいいので、これに変えてから本当に掃除が楽になりました!

もっと早く変えていれば良かった~。

 

シンプルなフォルム

鏡裏収納が出来ればスッキリ収納できて良かったのですが、わが家の洗面台は昔ながらの?洗面台なので、見えるスペースに収納しなければなりません。

そうなった時に、色がホワイトなところはもちろん、無駄なところがないので見た目もシンプルなこちらはわが家の洗面台にぴったり!

吸盤で洗面台の壁や鏡など、省スペースで取り付けられるところも◎

 

掃除が簡単

浮かせたからと言って、ホルダー自体の掃除がいらなくなったわけではないので、洗いやすさも考えてこちらを選びました。

ワイヤーなので歯ブラシと接触している部分も最小限に抑えられていて構造も複雑ではないので洗いやすいし、洗う時は吸盤から外して丸洗いが可能。

 

吸盤が落ちる時の対処法

ここまでセリアの歯ブラシホルダーのメリットをあげてきましたが、一つ不安なことが。

それは吸盤で付けるというところ!

使う前ではありますが、吸盤って何となく落ちてきそうなイメージがあるんですよね・・・。

 

なので今回は一工夫して、使う前から落ちる対策をしてみました。

セリアで購入した『何度でも貼ってはがせるフィルムフック』を使います。

 

歯ブラシホルダーについている吸盤は外して、鏡に貼った2つのフィルムフックに引っ掛ければ完成。

吸盤の圧迫感もなくなり、これで完璧!

と思ったのですが・・・・・

 

少ししたら片方のフィルムフックが剥がれてきてしいました。

もう片方はしっかり付いているので、片方だけなぜ?

もしかしたら鏡に汚れがついていたのかもと思って綺麗に拭いて、さらにフィルム自体も水洗いしてから改めて付けてみましたが、やっぱり落下。

 

気に入っていただけに残念ですが、今回はこの方法は諦めることに。

でも、やっぱり諦められない私(笑)

 

同じようなフックがないかと探してきたのが、ダイソーの粘着フックです。

こちらを2つ使って再び歯ブラシホルダーを引っ掛けます。

 

フックを触ってみてもしっかり付いているので、落ちそうにありません。

また、吸盤と比べると見た目もかなりスッキリしました。

ホルダーが取り外ししやすくなったので、お掃除のハードルも下がりそう。

 

今まで直置きだった子供の歯ブラシも、これでスッキリ収納できます(笑)

歯ブラシを浮かせたら、今度は歯磨き粉も浮かせたくなってきました。

いい方法が見つかったらまた紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

-収納

© 2022 もちみブログ  Powered by AFFINGER5